モイスチュアは?あなたのシャンプー術はそれであっていますか?アンチエイジングシャンプー法

冬のこの時期はお肌のドライで悩んでいる人間は多いのではないでしょうか?冬は仕方がないと断ち切るのはムダ。冬もドライ知らずのお肌は作れます。普段の洗いテクニックを見直すだけで改善されていきます。

ポイントは4つだ。

1.洗いときの気温

2.拭き人間

3.メーク水の都合

4.メーク水の量

ひとつずつ解説していきます。

1.洗いときの気温

とても重要につながるのが、こういう気温だ。気温帯としては3つあり、「冷水」「ぬるま湯」「お湯」だ。

冬の寒い時期はどうしても温かい「お湯」で洗いたく変わるところですが、これが乾燥肌を招く原因になる。40℃以上のお湯で洗ってしまうと、お肌本来の保湿作用である「皮脂」が洗い流されてしまいます。その結果保湿行いがなくなってしまう結果乾燥してしまいます。

お肌の湿気を続ける結果や毛孔の中のシミまできちんと洗える気温帯は「ぬるま湯」だ。38℃頃がベストです。必要以上に皮脂を洗い流す不安はなく、適度に皮脂を残してくれる。あり過ぎてしまうのは脂性スキンになり面皰などの背景に繋がります。適度に皮脂がある結果、お肌の湿気を持ちドライしにくいお肌を保ってくれる。

2.拭き人間

拭き人間にも局面がありゴシゴシと拭いてしまうと、お肌を傷付け皮脂を剥がしてしまう。ですから柔らかくふわふわとしたクロスで「優しく突き止め拭き」をください。

3.メーク水の都合

洗いが終わり拭き終わったら、「いち早く」メーク水を塗って下さい。洗い後はどんどんとドライが始まってしまうので、直ちに塗り湿気を逃さないように行う。洗い以下直ちに塗れるように近くに置いておくといいですね。

4.メーク水の量

これもとても重要なポイントです。「たっぷり」と塗って下さい。少しの量ではお肌の内側まで湿気をあげることができません。公だけでなくお肌の内側までメーク水をきちんと浸透させて吊り上げる結果、内側まできちんと湿気ドライしにくいお肌になります。特にドライが酷い場合は2?3回メーク水を塗り敢然とお肌の内側まで浸透させて挙げると徐々にドライを捉えにくくなります。

このように普段の洗いテクニックを見直すだけでも、ドライは改善されていくので一度試してみてください。http://www.meagerman.net/

モイスチュアは?あなたのシャンプー術はそれであっていますか?アンチエイジングシャンプー法